« Visionary companyを目指してスタートです! | トップページ | 人ハ城、人ハ石垣、人ハ堀。情ケハ味方、仇ハ敵ナリ。 »

2010年10月13日 (水)

【Country Risk】

昨日、久しぶりの上海事務所へ。

好奇心から、「ノーベル平和賞の受賞者に中国人が選ばれたの知ってる?」と
質問してみた。

するとどうだろう!?「日本人はとった人が居るんですよね」と日本にノーベル賞の受賞者が居るのを知っていても中国人が選ばれたのは皆、知らないと云う。

この国では天安門事件自体が存在しないのがオフィシャルなのを忘れてはいけない。

今さら、この国で1ヶ月の大半を生活していてあれこれ云うつもりは全くないが、
先に最後に釈放、帰国出来たフジタ社員の方のコメントで
中国関連の仕事を続けたいかの質問に、「気持ちの整理はついていないが、
今後も中国とはかかわり続けたい」に対して、
実務では旧日本軍の遺棄化学兵器の処理施設に関連した工事の
入札準備についての受注活動を中止せざる負えないというペナルティーが
科せられるようだ。

沖縄で釈放、中国政府専用機でピースサインをきめた船長さんとは大違い。

会社や売上げの規模など全く異なるが、この国でマーケティングやら
経済活動をしていく駐在者としては緊張の走る出来事。

そう云えば、赴任前に「上海生活トラの巻」のような本に書いてあったなぁ。
中国で生き抜く為には「眠れる獅子の、尻尾さえ踏まないようさえすれば」と。。。

« Visionary companyを目指してスタートです! | トップページ | 人ハ城、人ハ石垣、人ハ堀。情ケハ味方、仇ハ敵ナリ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【Country Risk】:

« Visionary companyを目指してスタートです! | トップページ | 人ハ城、人ハ石垣、人ハ堀。情ケハ味方、仇ハ敵ナリ。 »