« 【反日デモについて】 | トップページ | 中国ローカルSPAのODM展示会 »

2010年10月19日 (火)

「新天地時尚」リポート

10月にしては珍しく日中最高気温25度の上海。10月中旬に上海のお洒落観光地として人気の「新天地」エリアに新天地スタイル(新天地時尚)がオープンすると聞き行ってみた。

地下鉄10号線に直結した商業ビルは未だ1~2割程度のテナントしかオープンン出来ていない始末で10月一杯まであと2週間だがグランドオープンまでにはもう少し時間が掛る見込み。

コンセプトの中にはユニクロやZARAと云った他のSCでよく見られるテナントは入れない方針らしく日本ブランドではユキ・トリイ、オリーブデオリーブ、ピーチジョンと云ったブランドが入っている。

当の新天地からは新天地南里商場(ファッションビル)2階部分と直結したアクセスの良さも特徴のひとつで全体としてはB2から地上2階の四層構造、B2部分にはスーパーマーケットが入居する予定。

他ブランドのMD構成から見ても場所柄、ミドルプライスのヤングターゲットを意識したようなブランド構成。地元富裕層や観光客をターゲットにしていると思われる。

元々、新天地は旧フランス租界地で192030年に建てられた「石庫門式住宅」を修復、再現したエリアでレンガ造りの街並みが特徴。施設の内装に関しても新天地エリアの世界観に調和させた雰囲気で仕上げている。

上海万博が終わり求心的なイベントが無くなる中で、国際観光都市としての魅力作りにも真価が問われるこれから。この新しい商業施設の果たす役割も少なくないはずだ。

今後の集客力など注目していきたい新スポットだ。

Img_3963

お隣の新天地南里商場の入り口

Img_3962

新天地南里商場から新天地スタイルオープンの告知PR

発想が面白いですよね。

Img_3942

外観デス。

Img_3960

新天地のシンボリックなレトロなレンガ造りの雰囲気と合った施設内装。

Img_3932_3

上海市内3店舗になるフランフランは未だOPENしていませんでした。

Img_3936

こちらも上海市内3店舗目のピーチジョン、OPEN済み。

Img_3933

カルバンクラインの下着専門店

Img_3957

未だこんな状態のお店も。

Img_3941

この施設のランドワーク?施設中央スペースにマネキンがグルグル回転しています。

Img_3940

吹き抜けを利用して3層に渡った高さが迫力。

Img_3946

地下から見上げるとこんな感じです。



« 【反日デモについて】 | トップページ | 中国ローカルSPAのODM展示会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「新天地時尚」リポート:

« 【反日デモについて】 | トップページ | 中国ローカルSPAのODM展示会 »