« 上海のハロウィン | トップページ | 60年物 「梅干し」 »

2010年10月26日 (火)

今夜、日本へ。。、【上海マック事情】

日本に戻ります。
今回の滞在はジャスト1週間で来週の同じ日に上海に戻る予定。
少しバタバタとした感じでしょうか。

昨日から突然冷え込んだ感のある上海。
風が強めで冬の上海を想い起こすような空気、
すると今日の最高気温は14度!
最低は11だったので殆んど気温が上がらない。
東京との気温差が少し気になります。

今日は箸休めに「上海のマクドナルドから見たグローバル戦略」と題し
1ネタお付き合いください。

まず、上海マクドナルドの立ち位置ですが、
現地で一番人気があって流行っているのは「KFC」(ケンタッキー)なのです!

店内に入って驚くのはメニューが少ない!
実にシンプル。日本では毎週のようにハッピーセットのイベントが組まれていますが
こちらでは殆んどナシ。
最近ようやく、こちらで人気の「ちびまる子」ちゃんで
それらしい感じの事をしていましたが、話題も認知度にも大きな差が。。。

そして一番許せないのが「」です。
マックで「」!?と思われるかもしれませんが
     ↓
Img_3928_2
いつもBIGマックを頼んでしまうのですが
中のチーズが溶ろけていた事は一度もない!!
当然中身の野菜もパサパサとした「生」状態。
中国らしいと云えばそれまでだが、忙しいので時間を省いて出しているのかな。
いつもいつも。。。「二度と来るものか!」と思いつつ。
上海生活をしばらく続けているとジャンキーな味を求めて
ついつい足を運んでしまう。
何回か、期待→失望→期待→失望を繰り返しています。

そして見たことのない「地域限定メニュー」
Img_3930_2

細かい話しでは、上海の人達の大きな特徴として
99.99%の人がフライドポテトには必ずケチャプを付けて食べるのだ。
99.99%の人ですよ、浸けずに食べるのは外国人だけ。(私も含めて)
Img_3929_2

食べ終わったあとは、そのままの状態にしておくのが
「上海流」(人員、人件費を考えてセルフの必要が無いのか?定着していないか?)
セルフではない、ライバルのKFCでもそうです。

こちらのマックは出前が出来ます。お店にもよるかもしれませんが
「配達隊」のような格好したお兄ちゃん達が店内隅に控えています。
我が虹口区では、オーダー料金とは別途で7RMB(約\100-)の出前費が掛る仕組みです。

と、こんな感じです。
よくグロバール戦略を推し進める企業トップが
「世界共通品質」、「世界共通デザイン」、「世界共通価格」
と銘打つ話しをよく耳にします。車や家電製品などに於いては
そうした戦略でグローバル企業として認められた企業も多数存在しています。
しかし、昨今の新興国による目覚ましい発展やその市場性に付いて
これからの時代は、国やエリア別の特有経済の世界になってくるのでないかと
考えます。

同じ極東アジア圏の東京と上海でこれだけ違うのですから。。。

« 上海のハロウィン | トップページ | 60年物 「梅干し」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今夜、日本へ。。、【上海マック事情】:

« 上海のハロウィン | トップページ | 60年物 「梅干し」 »