« 人ハ城、人ハ石垣、人ハ堀。情ケハ味方、仇ハ敵ナリ。 | トップページ | 「新天地時尚」リポート »

2010年10月17日 (日)

【反日デモについて】

昨日の午後、日本で行われた1,800人規模の中国大使館前での
デモに対抗する形で西安、鄭州、成都で大規模な反日デモが行われ
ヨーカドーや伊勢丹などは営業停止、器物破損などの被害が出た模様。
政治的な話題をするつもりでは無いが、当時国で暮らす民間人としては
敏感にならざる負えないニュース。

中国では民間人が自由にデモや抗議行動など行えないので、今回も政治主導と推察する。
報道によるとデモは当初200~300人規模だったようで、それに序々参加人数が
膨らみ当局の対応が緩いとみて一部暴徒化したようだ。
以前、駐在大先輩から聞いた話しでも2005年に起きた大規模な反日デモでも
一番厄介だったのは、途中参加の便乗者だったようだ。
「日頃のうっぷんをこの機会に。。。」

迷惑な話しだ。

共産党による一党独裁を続けながら市場経済を進める、この国の発展モデルを
"北京コンセンサス"と呼ぶそうだ。
経済発展に民主化は必要はないと云う手本になりつつある国に
我々は国際社会と連携しながら対峙していく必要があると思われる。

« 人ハ城、人ハ石垣、人ハ堀。情ケハ味方、仇ハ敵ナリ。 | トップページ | 「新天地時尚」リポート »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【反日デモについて】:

« 人ハ城、人ハ石垣、人ハ堀。情ケハ味方、仇ハ敵ナリ。 | トップページ | 「新天地時尚」リポート »