« 上海市内マーケット近況について | トップページ | 中国人向けファッションセミナーについて »

2010年11月23日 (火)

勤労感謝の日_上海の雇用情勢について

今日は日本では勤労感謝の日ですね。。。
上海では普通に営業日ですが、勤労にまつわる話しをひとつ。

当事務所も早いものでそろそろ一年を迎えます。
それに従って生じるのがスタッフの労働契約の更新。
ここ中国では正式社員登用=労働契約を結ぶのを義務付けられています。
で、最初に採用したのが日本語の出来るアシスタント。

日本の不景気を他所にここ中国ではバンバン労働賃金や原材料など
「上がって当たり前」のような空気さえ感じられる。
会社の事情は抜きに2ケタ昇給率も已む無しと挑んだところ
私が考えてたレベルの要求では低すぎたようだ。。。
唖然。。。

近頃、他のスタッフ達からも色々と会社に対して苦言が
あるそうだ。
日頃、日系企業として仕事への取り組み方や考え方など
「日本式」を提言しているのだが、どうもその辺りから
色々不満があるようだ。
そんな事も言いながら、出来るだけ上海の社会通念や事情に
色々合わせて対応するように心掛けたつもりだったが、
「上の配慮ほどに下には通じない」をまさに痛感。。。
上海に居ながら、完成度や達成感などの物差しは
どうしても日本基準になるのは譲れない。

出来ることから始めよう。
来月「忘年会」では無いが、懇親会を月一ペースで催したい。
社長が外国人なので、その辺りが特に必要なのだと思う。
昔の日本にあった「飲みにケーション」のような。。。(懐かしい)
文化が今の中国には必要なのかもしれない。

そんな考える機会を与えてくれたアシスタントの子には
今回、満額回答をしました。

感謝の気持ちは大切です。

« 上海市内マーケット近況について | トップページ | 中国人向けファッションセミナーについて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勤労感謝の日_上海の雇用情勢について:

« 上海市内マーケット近況について | トップページ | 中国人向けファッションセミナーについて »