« 上海置地広場&南京東路 | トップページ | 今年のクリスマスは日本で過ごします! »

2010年12月21日 (火)

アメリカンイーグル、青山商事と提携して2012年に日本進出!に絡んで思うこと

また一つ米国大手SPAカジュアルの
「アメリカンイーグルアウトフィッターズ」(以下、AEO)が
青山商事と提携して東京都心に1号店を開き、
早期多店舗展開に乗り出すとのこと。
先に中国での進出も表明している同社、中国では香港の有力小売業の
デイクソン・コンセプツインターナショナルとパートナシップを
組んでの展開。
先のパートナショプの役割としては、
AEOがマーケティングと商品を供給し
ディクソン側が店舗に関する機能を担うそうだ。

詳細がわからないので推測になるが、今回の日本向けの提携内容も
同じような役割が予想出来る。
青山商事については、カジュアル業態そのものが
あまり得意ではないことと数年前より日本進出に向けて
水面下でパートナー企業を探していたAEOとの条件が
合致した結果だと思う。

GAPのパターンとは全く異なって、AEOは先ず中国から
合弁orFC形態としてアジア進出する。
対極東地域での多店舗計画が思い描くように早期成熟するか
注目していきたい。
仮に、本国の商品をトレンド、スペックそのままに持って来たところで
どれだけのレスポンスがあるのか?
AEO側は中国人の海外旅行者増による同社ブランド認知度を
挙げていたようだが、そもそもA&Fに類じたポジショニングに
対するブランドインパクトがどの程度見込めるのだろうか?
楽しみである。

来年、時期詳細は不明だが上海にオープンした時には
店内を覗いてみたい。
ローカルニーズに対しての品揃えと商品スペックの現地化が
成功の明暗をわけると考えるからである。

« 上海置地広場&南京東路 | トップページ | 今年のクリスマスは日本で過ごします! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 上海置地広場&南京東路 | トップページ | 今年のクリスマスは日本で過ごします! »