« 全人代開幕とお洒落集団「SAPE」について | トップページ | 三陸沖巨大地震:上海も揺れました »

2011年3月 9日 (水)

【中国版】離職を食い止める3大要素と3月8日は「女性の日」

今年の春節明けの工場労働者の復帰率は、
おおむね良好だったと聞く。
昨年は、地域間格差の出た年だそうで華北は○○率、
華中で●○率、華南でどう…、と云うような感じ。
今年は地域よりも企業間格差の出た年のようで、
工場規模や経営内容による影響が大きいとのこと。

離職率を下げるものに必要とされる3大要素なるものがあるらしく
それは1:高い給料、2:手厚い福利厚生、3:優しい上司なんだそうだ。
日本のマスコミも含め春節前から、労働者のリターン状況について
注目していたからか、現地の工場サイドでは模範解答の出来ている所も
あるようで、「春節前比105%や110%」なんて云う工場もあるくらいだ。
(+増は春節明けの募集=採用人員数が辞めた人数を上回る)

しかし、縫製工場は外の産業に比べ熟練技術も要するので
単純に減ったの、増えたのでは解決しないのも事実。
生産現場を預かる方々の苦労に同情する。

そんな想いも胸に抱きながら、外出先から事務所に戻ってくると。
「今日は女性の日なので私達女性は半休になります!」
「えっ!?…、今日?」
普通、そういう事は前もって云わないと駄目だよ!と叱る。
が、さっきの3大要素を思い出し
「3:優しい…」ってあったなぁ。。、
「いいよ、帰っても…。」
と、女性限定の半休許可を出す。
結局、「未だ未だやらなきゃいけない仕事が沢山残っている」
との理由からいつも通り定時迄、
頑張ってくれました。
マンションに帰って、中国の「女性の日」なるものを調べてみたので紹介します。
去年もあったんだろうなぁ、、。来年こそは覚えておこう!!

西暦3月8日は中国政府が定める休日【婦女節】です。
この日は女性労働者が半日休みとなります。
そもそも3月8日は国際女性デーで、事の発端は1904年3月8日。
アメリカの女性労働者が参政権を求めてデモを行いました。
これを受け、1910年の国際社会主義者会議において、
3月8日を女性の権利獲得や男女平等の記念日として
「国際婦人労働者デー」とすることが提唱されました。
中国政府は1924年に国際婦人労働者デーを採用し、
1950年3月8日には第1回国際婦人労働者デーの記念式典を行いました。
以来、中国では毎年3月8日に全国各地で記念式典が開かれています。
労働者だけでなく、専門分野で活躍する女性や学者、留学生なども
こうした記念式典に参加したり、招待されたりします。
半日の休日は、これらの記念行事での活動を保証したものです。

普通の外国人は知らないし、渡されてる政府決定の
休祝日カレンダーにも載ってなかったんだよなぁ。。。、
ちなみに日本では「ミツバチの日?」

(言い訳。。。でした。)






« 全人代開幕とお洒落集団「SAPE」について | トップページ | 三陸沖巨大地震:上海も揺れました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【中国版】離職を食い止める3大要素と3月8日は「女性の日」:

« 全人代開幕とお洒落集団「SAPE」について | トップページ | 三陸沖巨大地震:上海も揺れました »