« Coca-COLA 125周年イベント おまけ | トップページ | 上海の朝の景色と慣習について »

2011年5月19日 (木)

突然!水を止められる!!

一昨日夜のこと。
午後9時頃、 マンションでシャワーを浴びていると
ピンポーン、ピンポーン。
素っ裸でタオルを巻くのも大変なので 無視していると
ドンドンドン、ドンドンドンと ドアを叩く音。
もう、9時。
ここは外国だし無視していたら、
10分後位から、全蛇口から水が出なくなりました。

「たまらない!!…。」

多分、メーターが部屋の中にあるので
カウントしに来たのだろうが、
止めるかなぁ、普通。
日本では公共料金の滞納に関し、
「生命にかかわる」との理由から
水道を止めるのは最後の判断だと 聞いたことがある。
しかも、引っ越して来たばかりの新参者に
滞納意識はゼロ。
人が多いせいか、 この国では命の取扱いが
軽いとしか 思えないような出来ごとに 直面することがある。
(道路マナーの車優先とか。。。)

仕方なく、ヴォルビックで
歯を磨きました。

さて、住み始めたマンション。
細かい話しはしたくないが
それでも「生活」。
どうしても気になることが2つ。
1つ目は、バスタブに備えられたシャワー。
仕切りのカーテンも無ければ、ガラスもない。
気を使って大人しく浴びるのだが、
それでも水浸し。。。
そしてトイレットペーパー・ホルダーが
見当たらない。
中国と日本は生活文化に違いが
あるのは知っているつもりでも
これって明らかに設計ミスか?
と、疑いたくなる。
これら2つは、最初から気付いていたけど、、。

馴れるしかないね。

結局、水は下に居る管理人に
下手な中国語と、ジェスチャーで訴え
外にある栓を開けてもらって、ことなきをえました。

馴れるしかない。




« Coca-COLA 125周年イベント おまけ | トップページ | 上海の朝の景色と慣習について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 突然!水を止められる!!:

« Coca-COLA 125周年イベント おまけ | トップページ | 上海の朝の景色と慣習について »