« 本日は強制終了!!中国の電力事情について | トップページ | エアコンと新メンバーの加入 »

2011年6月25日 (土)

ついに!?ザリガニを食べる!!

私のブログをいつも読んでくれている、
ある先輩からは
「おまえのブログで一番、オモロないのは食べ物ネタや!」
と痛切に、批判を浴びてからと云うもの、
極力この話題は避けていましたが、
今回は少々衝撃的だったので「食べ物」ネタ。
A先輩!!お許しを。。。、

今週の某日、会社近くでいつも屋外に沢山テーブルが並んで
美味しいそうに食べている人達の集まるお店があって。。。
上海スタッフ達と連れだってそのお店で食事をすることに。。
Img_9816
上海料理のお店デス。

Img_9817
軒先に新鮮!?な魚介類があってここで選ぶシステム

Img_9818
これは、ちょっと。。。。汗、、、

Img_9820
これが今回、本題のザリガニ。味付けは辛さの段階を
選べるらしく、私は辛さゼロでお願いしました。

Img_9821
ローカルのレストランではよく皿のセットがパッケージされて
テーブルに置いてあります。

Img_9823
こう云う所ではお酒の持ち込みもOKなので、会計士さんが
近所のスーパーでワインを仕入れて来てくれました。
(ジュースなども。)

Img_9826
ついに、運ばれてきました。

Img_9828
甲殻類は専用のビニール手袋を用意してくれます。

Img_9829
う~ん、食べてみると普通にエビなんですよね。
見た目で色々考えちゃったんですが、
無難に美味しいです!

このザリガニは、世界的に見ると食べる国の方が多く、
馴染みがないのは、日本くらいなのだそうだ。
フランスでは高級食材だとか、。
アメリカでは大量に茹でたザリガニを
机の上にどっさり置いて家族がそれを囲み、
わいわいしゃべりながら食べるようです。
日本では在来種のニホンザリガニが
江戸時代に漢方薬として珍重された歴史があるそうです。
戦前にはアメリカザリガニが食用ガエルの餌として輸入。
ウチダザリガニ(アメリカ原産)が食用として輸入され、
それぞれが日本に定着。
地域によっては食べる習慣があるところもあるそうですが、
全国的には食用として根付かなかったみたいです。

昨年、上海のローカルレストランで見て
「夏の季節料理」だと聞いて驚いた。
てっきり甲殻類の好きな
上海人(上海蟹など)特有の嗜好だと
思っていたのだが、上海でも
ここ20年位で食べるようになったらしく、
中華料理ではなくて輸入料理だと云うことを
会計士さんから聞く。
きっと、上海に駐在している
米国人とかが持ち込んだのでは
ないだろうか。。、

そう云えば先月帰国した際に、
息子の参観日で小学校へ行った時
教室で買ってたなぁ、
ザリガニ。
飼育係に励む子供に何て云おうかな。。。、

ついでに、食べネタをもう1つ。
お昼にハンバーガーが食べたくなったので、
ローカルチェーンのハンバーガーを
出前で持って来てもらいました。

Img_9787
ジャ~~~ン!!

これ、全部で16RMB(約¥208)!!
恐らく上海マックの半額以下の値段!
さぁ、何で出来てるんだろう、。汗、、
知りたくないなぁ。。
お味は?
旨さとか感じられない、淡泊なお味!!
コーラ?は炭酸ナシでした。

怖いもの知らず!?
そう呼ばれているような気がしました。






« 本日は強制終了!!中国の電力事情について | トップページ | エアコンと新メンバーの加入 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ついに!?ザリガニを食べる!!:

« 本日は強制終了!!中国の電力事情について | トップページ | エアコンと新メンバーの加入 »