« 「事務所の引っ越し」=ローカル業者には要注意! | トップページ | 上海のファッションストリートを散策 -新乐路①- »

2011年9月18日 (日)

南京東路の活況について

先週のこと、社用があって外出したので
久々に南京東路に寄ってみた。
ここは上海市内でも1,2位を争う賑やかな
ショッピングストリート。
001
いきないり、ジャ~ン!!
上海市内3店舗目のアップルストアが出来るようです。
002
全4層の大型店舗で
何でもアジア最大級店舗だとか。
陸家嘴の店舗もそうですが、今、中国では凄い人気で
いつ行っても大勢の人が詰め掛けてます。

アップル社も特に中国での売上の伸長は無視出来ず、
多店舗より大型店舗の開発を優先させているほどらしい。
006
香港の不動産大手が運営する名人购物中心(mingren gouwu zhongxin)
英語名HENDERSON METROPOLITAN
アップルストアも有するこのシッピングセンターの
建築デザインは丹下アソシエイツのもの。
014
バロックのAZULの前面広告
009
入口の雰囲気は日本と同じ感じですね。
003
通りを挟んで反対側にはGAPも出来るのかな?
066
そして南京東路の顔?Meters bonweも在ります。
017
このマネキンのヘアースタイルが気になりました!

015

すっかり秋の品揃えでした。
021

Meters bonwe、略称MBだけに英国のMG?
022
コラボなのでしょうか?
023
こんな派手なキャンペーンは中国らしい感じがします。
026

そう云えばこのMeters bonweですが
前に触れた映画「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」の
過去ログはこちら  ↓
http://shanghai-cocobay.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-80c0.html
スポンサーにもなっていて劇中に主人公の着用したデザインの
Tシャツはネット販売の淘宝(TAO BAO)でもバカ売れしたそうだ。

制作側へ二つの要求をしたそうで
1:主要キャストが同社の「MTEE」デザインのTシャツを
 身に付けた姿を完全なショットで盛り込むこと。
2:Tシャツは汚さない。暴力的な場面ではなく、清潔で
 平和的なシーンに登場させること。
とのことから本編開始早々のラブシーンに約2分間、
映し出されたそうだ。
Meters bonwe社以外にもテレビメーカー、パソコン、乳製品と
云った中国企業がスポンサーについてブランドPRを
行ったそうで、天下のハリウッド映画にも元気な中国経済が
影響しているには驚いた。

開発スピード目まぐるしい南京東路でした。



« 「事務所の引っ越し」=ローカル業者には要注意! | トップページ | 上海のファッションストリートを散策 -新乐路①- »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南京東路の活況について:

« 「事務所の引っ越し」=ローカル業者には要注意! | トップページ | 上海のファッションストリートを散策 -新乐路①- »