« ALWAYS揚州路の夕日 | トップページ | 日本の遅い紅葉とクリスマス »

2011年12月 4日 (日)

上海の街角風景_IFCモール

日本に居ながらの上海情報の更新です。

例年に比べて控えめな印象を感じますが、所々でクリスマス・デコレーションを
見掛けるようになりました。

001

森ビル(環球金融中心)1階です。

005

IFCモールのカルチェのウィンドウ。

004

オーナメントのように飾られたクリスマスギフトデザインの

連動が洒落てます。

008

HERMESのウィンドウもユニークでした。

011

BALLYがプロモーションを開催していました。

010

「BALLY=歴史のある老舗ブランド」がコンセプト、

歴代のヴィンテージシューズ、原行モデルまでの

靴が氷結!紹介されていました。

009

11月最終週でもまだクリスマスデコレーションが弱い。

昨年に比べても大人しめ?

費用対効果で観て期待通りではなかったからか。。、

春節を控えているからか?

今の所、大人しい印象の上海でした。

東京に戻って数日を過ごしていますが

今、妙にハマってしまっているのがこちら。

012

「KETTLE」と云う米国製のポテトチップス、
いつも行く台湾系スーパーCitySuperで売られている。
1袋32RMB(約400円強)と割高だが、美味しい!

普通のチップスは薄切りのジャガイモを
高温180度とか200度の油で短時間のうちにサッと揚げる。
高温で揚げるからお互いが、くっつく前にカリッと仕上がる。
ところがケトルのチップスは厚切りのジャガイモを
低温160度くらいでじっくり揚げる。
そのまま油の中にいると隣同士がくっつくから、
常にかき混ぜてじっくり揚げる。
ずっとかき混ぜられているから形はブサイクになるけど、
じっくり揚げているから油分が少なくヘルシーになるそうです。

日本でもコストのPBブランド「カークランド・シグネチャー」との
コラボで大容量(笑)のギザギザタイプが売られていて
買ってみたけど、こちらの方の味は今イチ。
製法が違うのか、何なのかは判らないけど
「KETTLE」パッケージの物の方が断然美味しい。
味のバリエーションも豊富。
見つけたら是非、試してみてください。

あと、12月1日発売の「ファッション販売1特大号」発行:㈱商業界の
P66知っておきたい中国市場に記事を執筆しました。
お時間のある方はそちらの方も読んでみてください。


« ALWAYS揚州路の夕日 | トップページ | 日本の遅い紅葉とクリスマス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上海の街角風景_IFCモール:

« ALWAYS揚州路の夕日 | トップページ | 日本の遅い紅葉とクリスマス »