« 中国専門チェーンストアの売上効率について | トップページ | 「カフェオレ様」と云う日本の新しい20代男子像について »

2012年5月17日 (木)

久々に 史くんの行け麺わーるど!Ⅷ

この「行け麺わーるど」特集も第8回目です。
少々時間が経っての紹介ですがお許しください。

まずはよく行く重慶の麺屋さんの新メニュー。
(恐らく、以前よりあったと思います、笑)
ひと品目は素交杂酱拌面(su jiao za jiang ban mian)
012
この素交は野菜、杂酱は味噌になるそうで
ご覧のようにこんな感じで絡めて食べます。
014
いつも同じ拌面ばかりを食べているので、
史くんの良きパートナーの王さんがオススメしてくれました。
015
美味しいかった!ご馳走さまでした!!

今回はもう一軒。
なんでも地元テレビでも放映された云う(注:店主談)
「名物麺」をご紹介します。
Dsc02292
お店も外観で判断してはいけません!
Dsc02295
こちらの御仁がこの店の主人、そして名物麺料理の名は
猪排面(zhu pai mian)と云って揚げたてのトンカツと一緒に食べるラーメンになります。
Dsc02299
こんな感じであっさり味のラーメンと。
Dsc02302_2
史くんの選ぶラーメンはいつもこんな風に赤身を帯びています。
あ~っ!見ただけで辛そう!!
Dsc02304
きれい!?に完食しました、ご馳走サマ。
Dsc02298
食べてる最中にトンカツソース?トンカツ醤油の入った瓶が回って来ます。

上海市内でもこんな大きなトンカツの付きのラーメンは見かけたことは無いので
地元メディアに取り上げられたのでしょうか。
こちらも美味しいかったですが、40も超えてウエスト廻りを気にしなきゃいけない日本人に
とっては少しボリュームあり過ぎだったかも。
まぁ、若い人向けですね。

こうして改めて見ていると食べたくなって来ました、今度上海に行く時にまた食べに行きたい。


« 中国専門チェーンストアの売上効率について | トップページ | 「カフェオレ様」と云う日本の新しい20代男子像について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久々に 史くんの行け麺わーるど!Ⅷ:

« 中国専門チェーンストアの売上効率について | トップページ | 「カフェオレ様」と云う日本の新しい20代男子像について »