« 上海の街角風景_南京東路面→人民広場 | トップページ | 夏のセール商戦について Ⅱ(日本事情) »

2012年6月25日 (月)

外資流通企業にみるグローバル展開の難しさについて

今さら取り上げるのはどうだろうかと思ったが、
先日、イオンが小売業世界3位の英テスコの
日本法人株式の50%を1円で取得したとのニュースを聞き
外国(この場合は日本)で外資流通業が展開していくことの
難しさを改めて感じた。

2005年の仏カルフールに続き、英テスコも
撤退に追い込まれた日本市場。
世界の雄ウォルマートは
ダイエーやOKスーパーへ買収の打診をして、
更なる拡大路線を目指しているそうだ。
コストコなど成功しているケースも一部あるが
外資流通各社の日本市場への
参入ハードルは決して低くはないだろう。

そして中国でも話しは同じ。
下記の通り1位の百聯集団を除く5位以下は
外資流通企業の中国での売上高ランキング。

   <2011年中国小売企業ランキング>

順位  企業名      売上高(万元)  店舗数 *1店舗当り売上高
1位 百聯集団(中国)  11,820,757    5,604     2,109
5位  大潤発(台湾)    6,156,700     185   33,279
7位 カルフール(フランス) 4,519,581     203    22,263
8位 ウォルマート(米国)   4,300,000     271     15,867
26位 テスコ(英国)     1,800,000     121   14,876
38位 メトロ(ドイツ)    1,380,000     54   25,555
58位 イトーヨーカ堂    748,588     13   57,583
59位 イオン         666,170     30   22,205

*印の1店舗当りの売上高は筆者計算による
(数字の並びが悪く読みづらいです、スミマセン!)


代理商ビジネスからか中国企業の1店舗当りの売上高は
ケタ違いに低い。イトーヨーカドーの高さが際立つが
中国市場に於いては台湾、フランス、米国が
先行しているのが判る。

今回、上海で展開している外資系ハイバーマートに
リサーチする機会があったので簡単に紹介します。
032
外資系チェーンストアの中で1番の売上規模を誇る大潤発(台湾)です。
035
朝7時半から夜10時半迄って営業時間が長い!
そう云えばマンション近くのEマート(韓国)もそんなものでした。
地下に駐車場、1階テナント、2階、3階が売り場と云う全4層になります。
036
チラシは日本のように世帯ごとに新聞を取る習慣はないので
ポストインなどがポピュラーな販促活動になります。
037
PB?提携ブランドでしょうか?イメージポスターです。
038
水着売り場が。、。、、季節ですね。
因みに上海市内だと圧倒的にプールが主体になるようです。
(近郊の海は汚いみたい)
043
涼感機能素材なのでしょうか?モニター付きで販促してます。
045
天井から、メンズ、レディス等のカテゴリー表記をしています。
046
壁面一杯にフェイスアウトで陳列しています。
052
ビジネスシャツコーナーもありました。
056
さっき柱回りにポスター掲示していたブランドの売り場です。
062
レディスカジュアルの売り場
060
スポーツ用品売り場です。
061
天井近くまで高い壁面陳列が圧巻ですね。
076
店までお客さんを運ぶシャトルバスの存在は欠かせません。
077
百聯集団のショッピングモールの外観。
083
中央は吹き抜けになっていて、ユニクロやMetersBonwe、森馬といった
ファッションチェーン専門店が入っています。
091
古北のカルフールです、ここの営業時間も大潤発と一緒ですね。
106
VPの集合スペースを設けて訴求しています。
109
カルフールはマネキンの数が結構有りました、さすがフランス?
104
電動自転車にまたがってアクティブなメンズマネキン、電動自転車は隣の売り場で
販売してました。

今回は中国で展開しているハイパータイプのお店を2軒紹介しました。
量販プライスを打ち出す業態に関して、まだまだ潜在需要を感させる中国。
流通小売の業態はハイパーモデルが先行している感がありますが
特定モデルに限らない、いろんな業態の可能性が期待できそうな気がしました。


« 上海の街角風景_南京東路面→人民広場 | トップページ | 夏のセール商戦について Ⅱ(日本事情) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外資流通企業にみるグローバル展開の難しさについて:

« 上海の街角風景_南京東路面→人民広場 | トップページ | 夏のセール商戦について Ⅱ(日本事情) »