« 夏のセール商戦について Ⅱ(日本事情) | トップページ | 華風デザインとは? »

2012年7月 1日 (日)

ファッショントレンドについて

6月も終わり今年も折り返し地点だな?なんて考えると
早いです、時の経過は。
海の向こうでは2013年SSコレクションが
メンズのロンドン、ミラノと続き、そろそろパリへと移っていきます。
私達はファッショントレンドを予測、分析する立場にあって
コレクションの流れやらにも当然アンテナを張らねばなりません。

日本のメンズ・リアルマーケットな話題に触れると
この夏も引き続き「トリコロールカラー」が
空前のブームと云った感じで、よくお客さまからも
「いつもで続くの?」と聞かれることが多いのです。

そこで現在、トリコロールマスター(勝手に命名!?)の
トムブラウン(THOM BROWNE)が手掛けている
MONCER GAMME BLEUのコレクションの様子はと云うと。。。、

M3
デザインアクセントとして出現しています。
M2
このトリコ使い、観てみてどうですか?
未だ鮮度を感じますか?もう飽きた??そろそろ飽きた???
どんな風に感じるのか?って考えるてみるのが基本。
M1
今回のショーはモデルはランウェイのあと、2階のスペースにこんな感じで
集められるのです。
M4
毎回、色んなパフォ-マンスで楽しませてくれるトムブラウン、
ショーのタイトルも「ON BOARD SAILORS!」で沢山の
水夫のダンスパフォ-マンスがなかなか良かったです。
(MONCLERのHPでショーの動画が観れます)
9月頃の彼のNYコレクションも楽しみですね。


では、どうやってファッショントレンドは生まれるのか?

ここに、映画「プラダを着た悪魔」で
豪腕編集長のメリル・ストリーブが演じた
ワンシーンの中にヒントがあります。、
ファッションなど単なる「代替物」にすぎないと
ばかにする主人公の新米アシスタントへ。
その日、彼女が何気なく着ていたブルーのニットについて語るシーン。

”この…代物ですって?ああ、そう、そうなの。
あなたはこういうことが
自分と何の関係もないと思っているのわけね。
あなたは今朝フローゼットへ行き、
なんていうか、
そのもっさりした青いセーターを選んだ。
他に考えることがあるから何を着るかなんて気にしていられない、
とでも言いたげにね。
でも、あなたは知らないでしょうけど、
そのセーターはただの青色でも、
ターコイズ色でもラピス色でもなくて、
実はセルリアン色なの。
2002年にオスカー・デ・ラ・レンタが
セルリアンのドレスのコレクションを
発表したことなんてうかつにも知らないんでしょう。
それに、確かあれはイヴ・サンローランだったはず、
セルリアンのミリタリー・ジャケットを発表したのは。
そんなわけでセルリアンは8人ものデザイナーの
コレクションで次々とお目見えしたのよ。
それからだんだんデパートに行き渡り、
とどのつまりがあの哀れっぽい
カジュアル・コーナーにたどり着いて、
在庫処分の箱からあなたに救い出されたってわけ。
けどね、その青色は何百万ドルものお金と、
数え切れないほどの人たちの仕事を象徴しているの。
あなたがファッション業界とは無関係に、
自分でセーターを選んだ、なんて顔をしているのは
何とも滑稽なのよね。

と、バッサリ!!
そうファッショントレンドとは自然や偶然生まれるモノじゃないんです。
業界が多様なメディアを通じ消費者に商品を触れさせ
さまざまなレベルで感化させる。
「単純接触効果」を創出させること。

「単純接触効果」とは心理学者のロバート・ザイアンス1960年に
行なった研究で提唱した原理で
人は特定の対象や考えに何度も
接するうちにその対象にますます好意的な感情を
持つようになるというものだ。

こうした想いを胸に日夜、調査、分析しているのです。

う~ん、今回は随分とPRブログっぽくなりました、笑。
年一の特別講義も近いから?

ウミット・ベナン(Umit Benan)が手掛けるトラサルディ。
13ssmilanocollectionby_trussardi
渋い!!

« 夏のセール商戦について Ⅱ(日本事情) | トップページ | 華風デザインとは? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは☆

なるほど、、、まさかプラダを着た悪魔の中にトレンドをつかむヒントが
隠されているとは思いませんでした。

何事も見方によっては、色々学ぶ事ができるって改めて感じました^^

自分はプラダを着た悪魔を見たことがないので、
この機会に見てみたいとおもいます☆

後、年に1回の特別講義というのは、日本でやるんですか?

こんにちわ、SHIRENさん。

「プラダを着た悪魔」普通にも楽しめる映画なので、是非。

ご質問の年一回、特別講義のことですが
今、日本のココベイ株式会社では
都内のファッション専門学校3校くらいの授業を受け持っています。
その中のカリキュラムの1つとして「中国のファッションマーケット」と云う
タイトルの講義をしています。(今年は90分、無事終わりました)

ただ、今年中に何かしらOPENセミナーを
国内で開催したいと思案中です。
良いアドバイスが有れば教えてください。

こんにちは。

返信遅くなってしまい、すいません。

もし、OPENセミナーをやるとしたら、是非参加してみたいです☆

アドバイスだなんて、とんでもない;;

ただ、出来る範囲でお手伝い出来たらなと考えています^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ファッショントレンドについて:

« 夏のセール商戦について Ⅱ(日本事情) | トップページ | 華風デザインとは? »