« 夜型!?ラグジュアリーモール上海环贸iapm广场に行って来ました! | トップページ | IFCモールを彩るTeapot ARTを発見! »

2013年9月18日 (水)

反日デモ騒動から一年経って。。、

「空の便、北京や上海定刻3割以下!」

やっぱり!!と感じた。

今朝の日経掲載記事によれば企業活動にも影響し、

経済損失額は年間8,000億円にものぼるとの見方も

あるくらいだ。

アメリカのコンデューシブ・テクノロジーが

発行するフライトスタッツ」調査から

主要空港の定時発着率は羽田、成田とも80%超え、

世界トップクラスの正確さ。

こんな国の人間からすると定時発着率3割以下の

北京、上海空港利用はストレスに感じます。


最近、最終便遅れでいつも成田EX乗れず仕舞いで。

不憫な想いをしているのでつい。、、、



さて、今日は日本人には馴染みが薄いが、

中国では9.18事件(柳条湖事件)の日。

昨年は尖閣諸島の購入を巡って、
上海でもデモ行進が行われて一年が経つ。
中国にとって、この日がどんな意味を持つのか。
隣国の国民感情を理解する上で重要な事だと思います。
一部報道によると、ここ数年この日に合わせ
中国側から日本政府関係の公式サイトに向けて
ハッカー攻撃が行われているようだ。

以前は「政令経熱」などと云われ、
政治分野では冷却してても、経済分野では過熱していると
当時国家主席の胡錦涛が談じた時代と
現在は明らかに変わってきている。


国境に接するひとつの島を巡って、こじれた対中外交。
それをきっかけに反日感情や嫌中感情となって
日中経済にもいくらか影響を及ぼしているのも事実。


これからも重要な経済パートナーと位置づけるのなら、
相互の歴史感において、もっと理解し合う必要があると思う。


これまで、教科書問題もあってか、負の歴史からか
日本の学校教育において近代史に余り時間を使っているとは思えない。
事実上、一党独裁の国と同等な教育をしろ!とは云わないが


世界に誇る「思いやり」を兼ね備えた国ならば、
もっと隣国事情にも関心を持って交流する姿勢が
必要ではないだろうか。


そんな事も考える一日にしても良いかな。



« 夜型!?ラグジュアリーモール上海环贸iapm广场に行って来ました! | トップページ | IFCモールを彩るTeapot ARTを発見! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 反日デモ騒動から一年経って。。、:

« 夜型!?ラグジュアリーモール上海环贸iapm广场に行って来ました! | トップページ | IFCモールを彩るTeapot ARTを発見! »