« 「春」を感じるできごと | トップページ | 丸の内仲通りでノームコアな好況感を視た! »

2015年3月19日 (木)

国内旅行も堅調!旅気分はテーマを持たせて

最高気温が10℃後半~20℃近く示し始めると、
本格的な【春】を体感しますね。
日々耳にする外温ですが同じ数字でも
「昇温期」(気温が上がっていく)と
「降温期」(気温が下がっていく)とでは、
感じ方も変わるものです。
単衣コートや春ジャケットで出掛けて丁度良い頃です。
朝のTVの天気予報でも、
「今日は4月中旬頃の気温なので昼間はジャケット1枚でも大丈夫!」
なんてコメントも聞けます。

そして今の話題と云えば
北陸新幹線(最速車両名:かがやき)と終着駅の金沢。
これをきっかけに国内旅行に弾みがつくと良いですね。
北陸新幹線沿線付近の観光スポットで
一番人気なのは「兼六園」(石川県金沢市)で
「後楽園」(岡山市)、「偕楽園」(水戸市)と並ぶ
日本三名園として有名な場所だけに、1度は訪れてみたい庭園でしょう。

続いて人気なのは「黒部ダム」(富山県立山町)
世紀の大事業として語り継がれる日本最大のアーチ式ダムで、
石原裕次郎主演の映画「黒部の太陽」で描かれたことでも有名。
Kurobe1

「白川郷合掌造り集落」(岐阜県白川村)も人気スポットだ。
「白川郷・五箇山の合掌造り集落」として1995年、
ユネスコ世界文化遺産にも登録。
日本有数の豪雪地帯に立ち並ぶ独特な形の茅葺き家屋は、
郷愁を誘う佇まいが素晴らしい。

既に国内旅行も堅調に推移していて
国土交通省観光庁の発表によれば
2014年7-9月期の国内観光旅行の旅行消費額は
宿泊、日帰り合わせて約4.1兆円で前年同期比約9.7%のプラス。
延べ旅行者数も約1.3億人で前年同期比約15.6%のプラス。
因みに四半期単位で例年国内旅行者の最も多い四半期にあたる。
7-9月期は夏休みと帰省が占めているからだが、
その他四半期を旅行消費額で見てみると
1-3月期約2.7兆円
4-6月期約3.1兆円
10-12月期約2.9兆円(2013年)
旅行者延べ人数では
1-3月期約0.9億人
4-6月期約1億人
10-12月期約0.9億人(2013年)といった感じだ。

今年の注目のひとつは6年振りに訪れる、
「秋のプチナウィーク」だ。
9月19日土曜日から23日の水曜日迄で5連休!
24,25日の木、金を有休してしまえば9連休と、
国内、海外とも旅行ムードが高まりそうです。

○○しながらくつろぐとか、
○○を探しに、。
家族で○○を体感するとか。
素敵なテーマ性を持たせたトラベルシーンの訴求に
期待したいものですね!

それではまた!

« 「春」を感じるできごと | トップページ | 丸の内仲通りでノームコアな好況感を視た! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国内旅行も堅調!旅気分はテーマを持たせて:

« 「春」を感じるできごと | トップページ | 丸の内仲通りでノームコアな好況感を視た! »