« 季節要因ばかりではない!消費の伸び悩みについて考えてみた | トップページ | GUのデジタル店舗はオンラインとリアルの実験 »

2017年7月25日 (火)

東京の梅雨。 明けましたが、楽しくなる様なビニール傘が欲しい!

東京は先週、ようやく梅雨明けしましたね。

今年の関東はやや「空カラ」梅雨気味でしたが、

今も日本海地方を中心に「線状降水帯」と云う

積乱雲の乱発による雨による被害が甚大。

この「線状降水帯」は、

遥かインド洋上で起きるダイポール現象

(インド洋東部で海水温が低くなり、

西部で海水温が高くなる大気海洋現象)

の疑いがあるという。

今年の6月頃に襲ったヨーロッパの猛暑と同じ起因との

見方もあるようだ。

そう云えば2週間前位の休日にレインボーブリッジを自転車で

渡っていた時に観た東京湾の「赤潮」の発生ぶりに

思わず目を見張ってしまいました。

20170708_142411902

赤潮具合分かりますか?

こっちの方がわかるかな、。

20170708_121001769

災害をもたらす程の極端な気候現象は別として、

ファッションも四季を楽しんでいける物です。

梅雨期には高湿度解消商品や速乾機能商品などは

もう、当たり前の様に出回っています。

この当たり前が「慣れ」⇒「飽き」ステージに移行する前に

新たなキーワードを立ち上げる必要があると思います。

 

最期に最近、少し気になった雨グッズを紹介します。

2017y07m25d_060832622

株式会社ファミリーマート発売のイラストレーター“Shogo Sekine”

デザインした傘第2弾。

「晴雨兼用折りたたみ傘」(本体:2,000円、税込:2,160)

因みに昨年は、SHIPSも絡めたビニール傘シリーズだったようです。

(個人的には昨年デザインの方に興味アリ!?)

         ↓
2017y07m25d_061839335

価格も税別\1,000と云うお手頃感もあって完売だったようです。

云わば使い捨てのような位置づけのビニール傘にデザイン性を

加える事によって、使い捨てから長く持ちたくなる傘へ

昇格するのです。

さぁ、ビニール傘を云えばこちらにも注目!

96427607_o1

英国王室御用達のビニール傘 FULTON

この「バードゲージ」と云うモデルが素敵なのですが、

レディス用しかないのが残念。

でも、デザインによってはユニセックスに対応出来る商品もあるようです。

コンビニからロイヤルワラントまで。

雨の日には便利なビニール傘も少しこだわってみたいものですね!

では、。

« 季節要因ばかりではない!消費の伸び悩みについて考えてみた | トップページ | GUのデジタル店舗はオンラインとリアルの実験 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 季節要因ばかりではない!消費の伸び悩みについて考えてみた | トップページ | GUのデジタル店舗はオンラインとリアルの実験 »