« 2017年7月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月22日 (金)

【不易流行】_麻について

すっかり夏の定番素材として定着した「麻素材」は
綿や絹よりも歴史は古く繊維材として使われてきました。
Photo
なんと釣り糸にも「麻」を使っていたようです。
今回は、釣り糸を通じて『技術革新』によって
豊かな生活を手に入られたエピソードを紹介したいと思います。
一本釣りは針に麻糸を結びつけて、
それで魚を釣っていましたが、今から240年前くらいの頃、
テグスを釣り糸に用い始めました。
この糸は半ば透き通っていますから、水の中に浸けると
有るか無いか見分けがつかないほどです。
だからこれに釣り針を付けて餌を掛けておけば餌が有るように見えます。
その上、弾力があるので魚がよくかかります。
(宮本常一『海をひらいた人びと』より)
魚の目に見えず弾力に富んだテグスは、一本釣りの村では
どこでも重宝され、瀬戸内海のいたるところの漁村で使われた。
大阪には中国からテグスを仕入れる問屋ができ、テグスで獲れた大漁の魚は
大阪・高松・広島・松山へと売られていった。透明な釣り糸は生産を高め、
流通を広げた。技術の革新が人びとに富みをもたらし、生活を豊かにして
いったのである。
(畑中章宏『21世紀の民俗学』より)
テグスとはテグスサン(Eriogyna pyretorum)という
ヤママユガ科に属する蛾の幼虫の絹糸腺から
作ったテグス(天蚕糸)や、スガ糸(絹)などを使った。
現在ではナイロンで作られている。
いつの時代も快適で便利なコトを、追求していくことで進化が得られる。
探求心を忘れないでいきたいものです。
では、また。

2017年9月20日 (水)

GUのデジタル店舗はオンラインとリアルの実験

先週の15日(金)OPENしたGU横浜港北ノースポート・モール店舗に行って来ました。
3連休の真ん中の雨模様でしたが、大勢の来店客で店内は賑わっていました。

この店舗は、売り場面積約800坪と商品ラインナップは従来の2倍に拡充しているのと
電波を用いタグデータ非接触で読み取るシステムRFIDを導入した#オシャレナビカート
(モニター付ショッピングカート)で新たなショッピングを体験出来る売り場になっている。

<オシャレナビカートの基本メリット>
①カートを押して売り場を歩くと…
売り場に設置されているビーコン(発信器)に近づくと
売場のオススメ商品やプロのスタイリストによるコーディネイト情報がモニターに表示。
②備え付けセンサーに商品タグをかざすと…
店舗、オンラインストアでの在庫状況や購入者からのレビュー、モデル、
一般人のコーディネイトが1,000種表示される。


モニター付きショッピングカートは米国が先行
A:メディアカート(ディスプレイ付きショッピングカート)
B:モディブ・メディア(手持ちの小型機器)
米国ビデオカート社は1992年迄に全米200店舗以上のスーパー、チェーンストアで2万台以上のビデオカートを運営。
ウォルマート、トイザラスで試験的に導入、その後"アクティビティパス"機器も登場したが余り上手くいかなかった。
現在、テキサス州にあるメディアカート社は、ビデオカートの良い点を活かして×マイクロソフト社と共同開発したディスプレイ画面とデバイスが付いた次世代ショッピングカートで
あるA:メディアカートを販売している。

米国スーパーのセーフウェイが開発した"マゼラン"が続く。当初はメディアカートモデルからB:モディブ・メディアへ発展、現在100店舗以上で用いられている。

日本では大日本印刷が2003年に1台50万円で開発してました。
         ↓
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2003/09/10/414.html

目新しさ好きな人には、持ってこいの玩具感覚で楽しめます。
ファッション売り場をカートで引く行為自体に、買い上げ点数の増加は期待出来そう。
このシステム自体は近い将来、スマホで体験出来るでしょう。
店員さんの接客より、商品レビューを確認しながら購買を決める人も増えてくる。
そんな近未来に想いを馳せてみました。
では。

« 2017年7月 | トップページ | 2017年10月 »